産後の母乳が出ない場合

母乳をあげるお母さん

産後母乳が出ないという悩みは、実はよくあることなんですね。

 

ネットで検索してみると、Yahoo!知恵袋などにも、産後の初母乳が出ないというお悩みの投稿がいくつも見つけられました。

 

赤ちゃんは産後すぐに母乳を飲ませて上げなければならないということではありませんが、しかしできれば我が子は母乳で育てたいというのが、大半のお母さんの気持ちじゃないでしょうか。

 

それなのに、産後いくらおっぱいを押しても母乳が出てこなければ焦る気持ちはわかります。

 

しかし、産後の母乳の出るタイミングは個人差がありますのですぐに母乳が出ないからといって焦る必要はありません。

 

というか、むしろ産後すぐに母乳が問題なく出る方の方がもしかしたら少ないかもしれませんよ?

 

中にはまれに産後ではなく出産前にすでに母乳が出るという方もいるようですが…

 

 

産後の母乳はどうやって出るの?

母乳の出る仕組みを考える親子

産後出るようになる母乳ですが、まずその仕組みについて理解しましょう。

 

母乳は、妊娠するとエストロゲンが増加して乳腺が発達し、母乳の生成が始まります。

 

また、産後すぐの母乳は初乳と呼ばれ、通常の母乳よりも少し濃いです。

 

初乳には通常の母乳とは違った栄養素が含まれており、赤ちゃんにとってとても大切なものですが、量はあまり多くないので出てくる分だけ飲ませてあげられれば問題ありません。

 

産後の母乳の出方は、赤ちゃんが吸う力だけではなく、オキシトシンというホルモンが押し出してくれる働きも手伝っています。

 

なので、産後母乳が出ないのは赤ちゃんの吸う力が弱いからということでもないんですね。

 

 

産後に母乳が出ない原因

産後の母乳は産後2〜3日頃から出るようになるのが一般的と言われています。

 

ただ、個人差があることは理解しておいてください。

 

産後数日経過してもさっぱり母乳が出ない、あるいはごく少量しか出ないという場合に考えられる原因をいくつかまとめてみました。

 

母乳をあげる頻度

母乳は、赤ちゃんの吸う力とお母さんのホルモンにより出るものです。

 

特にお母さんのホルモンは、赤ちゃんが吸うことで分泌されるものですので、産後母乳を吸わせる頻度が極端に少なかったり、時間が短か過ぎると分泌されません。

 

なかなかでなくてもまずは産後母乳をあげる回数を確保して根気よく母乳が出るのを待ってみましょう。

 

乳腺のつまり

産後母乳が詰まって母乳が出ないというパターンが非常に多いようです。

 

この場合、詰まりを取り除く必要がありますので、軽く自分でマッサージして見ると良いでしょう。

 

マッサージをする際には、決して強く押したりせず、優しくマッサージしてください。

 

オイルなどを利用するよと良いかもしれません。

 

産後のお母さんの健康

赤ちゃんに母乳をあげるには、お母さんが健康でなくてはいけません。

 

産後は食欲がなかったり精神的、肉体的に疲れがあるかもしれませんがそんなことでは母乳は出ません。

 

栄養を考えてしっかりと食事を取る必要がありますし、昼寝をしたりして体力を温存しましょう。

 

また、ストレスもよくありませんので、なにか問題があれば改善に努めましょう。

 

授乳中の注意点

授乳中は、お母さんの口にしたものが母乳に影響を及ぼしますので、気をつけなければならない点がいくつかあります。

 

消化の良い食べ物を食べる

なるべく消化の良いものを食べる事をおすすめします。

 

健康を気遣って最近は玄米を食べる方もいますが、授乳中は避けたほうがいいかもしれませんね。

 

肉や生もの

お肉は食べても問題ありませんが、赤みは避けてしっかり火を通すようにしましょう。

 

また、お刺身などの生ものは授乳中は避けたほうが良いでしょう。

 

油物

一切食べてはいけないということはありませんが、あまりこってりしたものは避けたほうがいいですね。

 

天ぷらやとんかつなどのほか、マヨネーズのようなものもできれば避けてください。

 

お菓子類

特に糖質の多い甘いものは過剰に摂取することはおすすめしません。

 

母乳を出しているから栄養不足だということで気にせずガツガツ食べる
方がたまにいらっしゃいますが、乳腺にはよくありません。

 

産後に母乳が出ないから母親失格ではない

哺乳瓶

産後母乳が出ないとひどく落ち込んでしまうお母さんも少なくありません。

 

しかし、産後に母乳が出ないからといって母親失格ではないんですよ。

 

母乳はいろいろな理由でなかなか出ない時もあるものです。

 

そんな時はミルクを使ってみるのも良いでしょう。

 

ミルクをあげながら、時々母乳をあげてみて様子をみるのもいいと思います。

 

最近のミルクはとても栄養価が高く、赤ちゃんもきっと満足してくれるはずです。

 

母乳にこだわりすぎてストレスになったり精神的に追いつめられるよりは、ミルクを使ってみるのもひとつの方法と捉えた方がいいですね。

 

 

産後の母乳を出やすくする方法

母乳について話すママたち
まずは、上記でご紹介した産後に母乳が出ない原因を探って見てください。

 

そして、思い当たる点があれば改善してみましょう。

 

なお、基本的なところですが母乳を出すには多量の水分が必要となります。

 

母乳はそのほとんどが水分です。

 

ですから、水分不足だと母乳もなかなか出てくれません。

 

必要な水分は、まず自分の体の為の水分。

 

そして、母乳の為の水分となるので、普通の大人の方の必要な水分よりも多めに摂取する必要が出てきますね。

 

ただし、糖質の多いジュースやアルコール、カフェインの多いコーヒーなどは避けるようにしましょう。

 

これらの事を気にしてみても、産後の母乳がなかなか出ない、量が少ないという場合には、母乳がでやすくなるお茶を試してみるのもひとつの手です。

 

産後なかなか母乳が出ない、母乳は出るけど出が悪いといったお悩みを抱えているお母さんの中には、こうしたお茶を愛飲されることで改善された方もいらっしゃるようです。

 

母乳が出やすくなるお茶で人気があるのは「母なるおめぐみ」ですね。

 



母なるおめぐみ

 

母なるおめぐみは、100%無添加のお茶なので、妊娠中から飲んでも全く問題がありません。

 

原材料は北海道産の小豆を使用しており、授乳中に栄養不足になりがちなお母さんの栄養補給にも。

 

さらに、ポリフェノールが配合されており、産後の健康もサポートしてくれます。

 

また、サポニンという成分が体を温めてくれますので冷えの予防にも。

 

その他、食物繊維もたっぷりなので、便秘改善のお手伝いもしてくれます。

 

カフェインレスですし、カロリーゼロなので安心してゴクゴク飲めてしまうのが人気の秘密でもあります。

 

母なるおめぐみと同じように母乳が出にくい方におすすめのサプリメントタイプの商品がたんぽぽサプリメント『Life time beauty』です。

 



Life time beauty

 

こちらも、無添加でノンカフェインなので授乳中に安心して摂取することができます。

 

お茶は手間がかかってどうしても続かないという方には、こちらのサプリメントタイプが手軽でおすすめですね。

 

サプリメントだけで飲むのが抵抗あるという方は、ヨーグルトやスープなどに混ぜて摂取していただいても問題ありません。

 

赤ちゃんが母乳を飲むことができる期間は限られていますから、お腹いっぱい母乳を飲ませてあげて、元気に育ててください。